ココロの隅っこ吹き溜まり

自分の心の中身、色々ため込む前に吐きだす場所

ココロの「闇」

心の闇は生まれた時から大きいわけじゃないし、誰でも小さな状態で持って生まれていると思う。
母親のお腹にいる時からへその緒を通じて作られ持って生まれる。私はそんなものだと思ってる。
けれどもその闇の大きさがどこまで大きくなっていくのか?は、その人がこの世に生まれ出て育ち過ごした環境、時間、出会った人なんかによって変わってくるのではないかな?

私の場合、とにかく親によく叱られよくこき使われた(笑)
怒られたくないからよく「嘘」もついた。「嘘」を隠すための「嘘」もついた。逃げ場のない親からの仕打ち。でも、ご飯を食べさせてくれてたまには優しいこの親。子供なんて小さな抵抗を繰り返しながら、飼いならされてしまうものだ。

お金がなくて常に我慢も強いられた…早く大人になりたかった。
父親は酒を飲むと暴れ警察ざたになったこともある…早く家を出たかった。

でも、そんな私がそれでも人間らしくまともな暮らしがしたい。と、常に思えたのは「人」のおかげだった。善い人たちに巡り逢えたおかげで今の自分がある。

 

嘘も方便」…嘘をつくことは悪いことではあるが、時と場合によっては嘘が必要なときもあるということ。


個人を貶めるだけではなく、その人に関わる人たちを巻き込みまどわす「嘘」をつく人がいる。いい大人がそれをしてしまうのだ。もはや、病気としかいいようがない。

SNSでそんな事件が勃発した。
とはいえ、手が込んでいるようでザルのような「嘘」小中学生の頃が懐かしいくらいのレベル。いい大人がそんな「嘘」を裏で仕込み植え付けどうなっていくかを見て楽しむてきな…至極幼稚だ。

人を貶める悪質な「嘘」は断じて許せない。しかし、その「嘘」は一人の勇気ある当事者のおかげで明るみに出て、その人を大切に思う人たちの怒りによってそれ以上の“誤解”や“憶測”は広がらずに済んだ。
やり方について少し後悔をしていた彼女に…

事の重大さを伝えるにはまず、OPENにする必要はあったと思いますよ?わからない人はわからないまま過ぎればいいけど、なんとも言えない居心地の悪さ、空気、文字上の空間とはいえ感じるものだし、更に憶測を生むよりはよかったのではないでしょうか?私はそう思います。

こういうことって単純じゃないと思うの。悪いことは悪いと、してしまった人に強く抗議した方が良いとは思うものの、よく考えたら普通の思考で常識のある人ならしないような事をした人の心の闇にどこまで届くのかな?って…これでもう、追撃はしなければそれで良いと思うんです。

普通の大人ならやって良い事悪い事、言って良い事悪い事の分別はつく。つく人が昨夜は怒たわけ(私も含め)。傍観してわかった風な人もいる。他人事のように思う人もいる。でも、嘘ついて人を惑わすとこうなるという、戒めになったと思うのよ。

 と、返信をした。

「嘘」で人の輪を乱そうとした首謀者の意図はまったく理解できない。非難されるべき行為です。私がこの騒動の後に考えた事は、この人の心の闇はどのようにして大きくなってしまったのだろう?という事。


「嘘」と「現実」の境がわからなくなるほど病んでるのかもしれない。どんな人生を歩んできたんだ?それはそれで悲しいことだしもし、素で愉しんでいるのであれば愚かな人だと軽蔑する。

どれだけの報いがあるのか?覚悟があったとも思えない…。きっと、バレないで皆崩壊すると思ったんだろうな…バカバカしいけど…。

広告を非表示にする