ココロの隅っこ吹き溜まり

自分の心の中身、色々ため込む前に吐きだす場所

聞く耳をもてば…

Twitterでつぶやいていたことのまとめ的なもの

どうしたのかな…気になることまた、一つ。あの時もちょうど今くらいだったような気がする。春になったらチューリップ見せたいって言ったけど、その前に消えちゃってそれからまた会えたのに、またチューリップ見せる前にいなくなっちゃった…「どうかしたの?」って聞けばよかったのかな?

好きになったらなんとなくでも、ずっと好きなんだよね…ずっと、気になるんだよ。

 好きな人がふといなくなってしまうと、ずっとずっとその人を想ってしまう。会ったことのない人でも…。

好きか嫌いかで言ったら好きじゃない。拒否った人をそう簡単に信じたりもしない。人ってそんなに単純じゃないし、寛容になんてなれないものだ。「どの面さげて…」って気持ちはぬぐえない。

私が否定したのではなくて、そちらが私を否定したのよ。何事もなかったかのようにそろりと近寄ってきても、私は忘れていない。

記憶ってふとしたときに“反芻”しちゃうよね。加齢とともに忘れっぽくはなってるけど、結構記憶力はあると思ってる私。思い出すのは辛かったこと悲しいことばかり、でも今その経験がどう転換したか?を整理すると起こるべくしてあった試練だったと思えて、少し救われる。

大人になってからその怒りや恨みを母親にぶつけたことがあった。大人の矛盾点をぶつけた。そのことで母親を傷つけたかもしれないけど、それを機にもやっとした親子関係が少し緩和されたと思う。遅咲きのアイデンティティが芽吹いた瞬間。

今の自分を形成してるのが今までの経験や思い出なのだと思う。良いことだけでも嫌な事ばかりでもいけない。宿命を乗り越えるだけの力を備える経験とかアドバイスをくれる人が必要で、私もそんな人にならなきゃ…って思う。

広告を非表示にする